SPOT

葛飾区で楽しめるレジャースポットまとめ

江戸時代から続く下町の葛飾区では、区内に複数の観光名所があります。
区営の施設も立派なので、レジャーに使ってみてください。

1.葛飾区郷土と天文の博物館

葛飾区郷土と天文の博物館

引用元:葛飾区郷土と天文の博物館|Katsushika City Museum

スポット名 葛飾区郷土と天文の博物館
所在地 東京都葛飾区白鳥3-25-1
アクセス方法 京成本線「お花茶屋駅」 西口より徒歩3分
営業時間 9:00~17:00(金・土は~21:00)
連絡先 03-3838-1101
サイトURL http://www.museum.city.katsushika.lg.jp/

葛飾区の歴史とともに、天文についての科学を学習できるようになっている施設です。
入場料は大人100円から利用をすることができ、別途350円でプラネタリウムを利用できます。

2.葛飾柴又寅さん記念館

葛飾柴又寅さん記念館

引用元:寅さん記念館|葛飾区観光サイト “寅さん記念館”

スポット名 葛飾柴又寅さん記念館
所在地 東京都葛飾区柴又6-22-19
アクセス方法 京成線「柴又駅」より徒歩7分
営業時間 9:00~17:30(土日祝7:30~18:30)
連絡先 03-3657-3455
サイトURL http://www.katsushika-kanko.com/tora/

映画「男はつらいよ」に出てくる場面をそのまま再現した記念館です。
内部には寅さんはじめとする、おなじみの登場人物たちの仕事をする様子が表現されており、まるで映画の中に入り込むかのような感覚を味わえます。

3.かつしかハープ橋

かつしかハープ橋

引用元:かつしかハープ橋|景観&散歩

スポット名 かつしかハープ橋
所在地 東京都葛飾区東四つ木1 西新小岩3
アクセス方法 京成押上線「四ツ木駅」 より徒歩16分
営業時間 24時間
連絡先 03-3502-7311
サイトURL http://www.katsushika-kanko.com/guide/scene/spot_1253.php

綾瀬川にかかっている橋で、世界初の曲線斜張橋としてS字型の珍しい形状をしている、葛飾区のシンボルの一つです。
名前の「ハープ橋」というのは橋梁にかけられた複数のケーブルの形状から来たもので、遠景からでも非常に美しい眺めとなっています。